データ復旧で財産を保護するべし|復99サービスチェック

復旧の仕方

データ復旧のやり方について

周辺機器

パソコンを操作していて、あやまって必要なデータを削除してしまった、という経験は誰にでもあると思います。このような場合、データ復旧ができる場合と難しい場合があります。 まず、単純にファイルを削除してしまった場合、ゴミ箱にそのファイルが残っていれば、データ復旧は簡単にできます。ゴミ箱からも削除してしまった場合は、データ復旧は多少困難になります。ファイル管理ソフトを使用していれば、削除したファイルを復活させる機能があるので、その機能を使用すればデータ復旧は可能です。 ファイル管理ソフトを使用していない場合のファイル復旧には、OSのファイル管理方式の知識が必要になります。ファイルは、ディレクトリという領域で管理されており、ファイル削除直後であればこの領域を手動で変更すれば、ファイルを復活させることが可能です。すでに別のファイルを書き込んでしまった場合には、このディレクトリの情報も書き換えられている可能性が高く、削除したファイルを復活させることは困難になります。

パソコンが壊れたらデータ復旧を依頼する前に準備をしよう

急にパソコンが壊れてしまうことは、可能性としてあります。自分で復旧作業をするのは知識がいるため難しいと思うので、専門家にデータ復旧をしてもらうのが1番早く、確実だと思います。 データ復旧を依頼するときには、まずどのような状況になっているのかを業者に伝える必要があります。データ復旧の依頼をする前に、パソコンが壊れてしまった原因を考えたり、壊れる前日の動作状況などをしっかりと思い出してメモを作成しましょう。 そうすることによって、データ復旧の業者も状況を把握しやすく、より早く直してもらうことができます。正確な情報を伝えることで直す側にとっても、直してもらう側にとってもメリットがあるので、必ず準備をしておきましょう。

Copyright ©2015 データ復旧で財産を保護するべし|復99サービスチェック All Rights Reserved.